​お花を通して、たくさんの幸せを感じてほしい

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagramの社会のアイコン
Bl​ooming days
〒759-0211
山口県宇部市西宇部
http://www.Bloomingdays.me/

Flower styling ミニバラ

10月30日のお花はミニバラ。花言葉は「無意識の美」「特別に功績」「果てしなき愛」 10月の誕生花でもあるミニバラ。バラは愛と美の象徴とされています。花の小さいミニバラも同じ愛と美の象徴。古くから気持ちを伝えるため用いられた花となっています。 今日はハロウィン、昨日から仮装した人たちを街中で見かけます。日本ではイベントになりましたが、海外のお盆みたいな物なので、ロウソクと黒い物が必須だそうです。今年はホワイトハロウィンを良く見かけましたね。白とグリーンのハロウィン。

Flower styling ガーベラ

10月27日のお花はガーベラ。花言葉は「希望」「常に前進」。これはガーベラ全般の花言葉です。たくさんの色があるガーベラは色によって花言葉が違います。赤は「神秘」。可愛らしく、とても人気がある花。ブーケもガーベラでの依頼多いですね。 寒くなってきたからでしょうか、デニムジャケットを着ている方を最近良く見かけます。 永遠の定番なんでしょうね。写真は "ZARA"の物。デニムに赤を合わせるのが好きなんです。赤いガーベラとデニム。

Flower styling 金木犀

10月24日のお花は金木犀。「謙虚」「謙遜」「気高い人」「陶酔」 秋の風物詩として代表的な香りの良い花。その強い香りと裏腹にお花はとても小さいので「謙虚」「謙遜」という花言葉がつけられました。そして秋雨の中で、潔くすべての花を散らせることから「気高い人」という花言葉の由来となっています。「陶酔」はその強い香りに由来します。桂花茶は金木犀の花を乾燥させた物、緑茶と一緒にブレンドしました。 忙しかった一日をホッとさせてくれる、甘く濃厚な花の香のお茶。

Flower styling レモンバーム

10月23日のお花はレモンバーム。花言葉は「思いやり」同情」「共感」 古代ギリシャ時代から、ヨーロッパでは ”長寿のハーブ” ”活力のハーブ”とされ、気管支炎や熱、頭痛に効く薬として利用されていたことから、「思いやり」「同情」という花言葉がつけられました。 レモンの香りがするレモンバームというハーブ。曇りの日曜日の朝食をスッキリと気分良くさせてくれました。

Flower styling りんどう

10月20日 今日のお花は”りんどう”。花言葉は「悲しんでいるあなたを愛する」 最近のりんどうはほぼ栽培されていてたくさんの花がついてる物が多いですが、本当は野山に自生する花。秋の晴天に釣り鐘型の花を上向きに咲かせます。青紫色であざやかに咲く姿には凛とした美しさがありますが、群生せずに咲くその姿から「悲しんでいるあなたを愛する」の花言葉が生まれたそうです。 すっかり秋になりました。 秋の夜長に、珈琲と斎藤由美先生の「Bouquets champetres a la maison」

Flower styling ダリア

10月16日のお花はダリア。花言葉は「華麗」「優雅」「気品」「移り気」「不安定」。 江戸時代にオランダ人によって日本にもたらされた。花の形がボタンに似ているため天竺ボタン(テンジクボタン)と名付けらました。たくさんの色や形があるダリア。大きく咲く物や丸く可愛らしく咲く物、淡い色から濃い色までたくさんの種類。 急に秋らしく肌寒くなってきましたね。薄手のニットが恋しくなります。この時期からたくさんの綺麗な色や形が豊富な”UNIQLO"のニット。毎年、色や形を変えて数枚買います。今年はどの色、どんな形を買おうかな・・・。

Flower styling  ふじばかま

10月15日のお花、藤袴(ふじばかま)。花言葉は「ためらい」「遅れ」。 秋の七草のひとつ、河原などに自生し、古くから日本人に親しまれてきた花。最近は余り見かけなくなりましたね。秋の味覚の葡萄。葡萄のコンポートと一緒に。

Flower styling ホワイトマム

10月11日のお花はホワイトマム(白い菊)花言葉は「真実」 菊全体の花言葉は「高貴」「高尚」 花言葉が示すように格の高い花で、天皇家の紋章も菊。 昨日は体育の日で、久しぶりにヨガへ。その後、近所の日帰り温泉へ。 その一角にある野菜の直売所に菊がとても綺麗だったので、買って帰りました。 オレンジと白の菊、ホワイトパンプキンでハロウィン気分。 急に秋らしくなりましたね。

Flower Styling シオン

10月10日 今日のお花はシオン。紫苑。Aster. 花言葉は「追憶」「君を忘れない」 Asterは花が星形をしていることから、ギリシャ語の「Aster 星」を語源としています。 薄紫色の可憐な花。 写真は眼鏡ケース。パリの雑貨屋さんで仕入れられたそうです。写真には写ってないけど裏地がシオンの花と同じ薄紫色です。

Flower styling ローズマリー

10月6日のお花。ローズマリー。花言葉は「追憶」「思い出」「あなたは私を蘇らせる」等 ヨーロッパでは、古代ギリシャ時代から神秘的な花としてお祝いや葬儀に使われてきた花。この風習にちなんで「あなたは私を蘇らせる」という花言葉が生まれたと言われる。ローズマリーはハーブとして料理やお茶によく使われます。美しく、洗練されたおしゃれなイメージがありますね。 今日の夕飯「豚バラのソテーローズマリー風味」

Flower styling スプレーマム

10月4日のお花。スプレーマム。花言葉は「高潔」「清らかな愛」 マムって菊の事。和花のイメージがありますが、スプレーマムはアメリカに渡って改良された園芸品種。たくさんの色や種類に改良され、とても可愛くなって、日本に里帰りしました。 秋の夜長、裏山から裏庭に落ちた栗で作ったパウンドケーキと珈琲で読書でも。

Flower styling ランタナ

10月3日のお花。ランタナ。花言葉は「心変わり」「合意」「協力」「厳格」 「心変わり」の由来は外側から内側へ咲き進むにつれ黄、オレンジ、赤などの鮮やかな花の色に変化することから。「合意」の由来は小花が半円球に集まって咲く姿から。このお花も裏庭に夏の終わり頃からたくさん咲くけど、花言葉は知らなかった。金平糖がたくさん集まったような可愛いお花。 先日、デパートで黒のパンプスを探してたけど、Saleになっていたこのグレーのパンプスを見つけてしまって…。女心と秋の空、変わりやすい。